金利が安いカードローンでお得にキャッシング!!

お金を借りる時には、必ず金利を加算して返済しなければいけません。

 

この金利というのは、消費者金融や銀行系カードローンなどで重要な収入源であり、どこも必ず必要になります。

 

しかし各キャッシングによって、設定されている金利に多少の差があることから、出来る限り金利の安いカードローンを利用した方が、お得にお金を借りることが出来ます。

 

お金を借りて後悔しないためにも、金利に注目し、また返済方法やその他キャンペーンなども比較することが大切です。
そこで当サイト「金利安いキャッシング※おすすめの会社を徹底調査」では、オススメのカードローンをランキング形式でご紹介しています。

 

もしこれからお金を借りる予定でしたら、是非参考にしてみてください。

 

現在では当たり前のことになっていますが、キャッシングのすごいところは、保証人がいらないことです。誰にも知られず借金ができるというのは大変なメリットでしょう。さらに、アルバイトなどでも借りることができる場合があります。

 

ただ、こうしたことは、貸す側にしてみれば、リスクを抱えることになるわけで、それだけ金利が高くなってしまうわけです。

 

金利というのは思っている以上の大きな負担となるわけですから、少しでも安い方がいいと誰しも考えるはずです。低ければ安いほど返済も早くなります。しかし、金利が安くなるなんてあるのでしょうか。
実は、金利が低くなるケースがあるのです。金融業者の方から提案してくる場合もあれば、こちらからアピールして金利を下げてもらえる場合もあります。

 

金利を低くするためには、まず、優良な借り手であることを金融業者に認知してもらい、信頼を得る必要があります。たとえば、滞納しないことはもちろんですが、収入が増えたときなどは、そのことを伝えてアピールすることも必要です。大事なのは、自ら動くことです。

 

とは言っても、あまりしつこくアピールしすぎると、逆効果になる可能性もありますから、ここぞというときにチャレンジしてみましょう。
また、キャッシングの金利は、金利制限法で100万までなら上限金利が18%となっていますが、100万円を超えると15%に下がります。ということは、実際の利用額ではなく、極度額を100万円に設定できれば、金利が3%も安くなることになります。

 

金利安いキャッシングランキング

プロミス

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、数多くある消費者金融の中でも利用者の数がトップクラスで、三井住友銀行グループだから安心してお金を借りられます。

 

パソコンやスマフォなどのインターネット端末から時間や曜日問わずいつでも融資申し込みが可能であり、口座振替なら最短で当日中に指定口座へ振込キャッシングをしてもらうことが出来ます。

 

審査通過後、キャッシングカードを発行してもらえるのですが、インターネットや電話、FAXなどで申し込みをした場合、自宅へキャッシングカードの郵送も可能なことから、自宅から一歩も外出することなく全ての申し込みを終わらせることが出来ます。

 

さらに、プロミスを初めて利用される方が、メアドの登録とWEB明細の利用を選択することで「30日間無利息キャッシング」を利用することが出来ます。

 

つまり次回給料日に借入分全てを完済してしまえば、利息負担一切無しで損することなくお金を借りられます。

 

>>プロミスの公式サイトはこちら<<

女性はこちら

 

 

 

アコム

三菱UFJファイナンシャルグループのアコムは、大手消費者金融の一つであり、使用用途自由のお金を最大500万円まで借入することが出来ます。

 

アコムの営業時間内に全ての申込手続きを完了してしまえば当日中融資も可能で、自動契約機のむじんくんでしたら土日祝日でも新規申し込みが出来ます。

 

むじんくんの設置場所により異なりますが、基本的には曜日問わず朝8時〜夜10時まで営業していますので、忙しい方でも安心です。

 

アコムのキャッシングカードなら、セブン銀行、ローソンATMなどとも提携していることから、お近くにアコムのATMが無くても急な出費に十分対応出来ます。

 

もし借りれるか不安でしたら、まずはアコムの公式サイトにある3秒診断を利用してみてください。
ただし3秒診断は、あくまでも簡易的なシステムですので、借り入れ可能と診断されてもその後の本審査で融資を断られてしまうこともあるのでご注意ください。

 

新生銀行カードローン レイク

知っている方もきっと多いかと思いますが、「ほのぼのレイク♪」のフレーズでお馴染みのレイクは、以前消費者金融として営業をしていました。

 

しかし現在では「新生銀行カードローン レイク」としていわゆる銀行系カードローンとなりました。

 

このことから年収額の1/3を超える借入れは出来ない総量規制の対象外となり、ある程度まとまったお金が必要な方にオススメです。

 

またレイクといえば無利息キャッシングであり、「30日間」「180日間」から自由に選ぶことが出来ます。

 

前者の場合は、借入金額関係無く30日間無利息でお金を借りることが可能で、後者は最大5万円までが180日間無利息になります。

 

残念ながらどちらか一方のみの利用に限りますので、両方を同時に申込むことは出来ません。貴方のライフスタイルに合わせてどちらの無利息キャッシングを選ぶか検討しておきましょう。

 

お得なキャッシュバックキャンペーンも時折実施していますので、公式サイトをチェックしてみてください。

 

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンというのは、日本の三大メガバングの一つである「みずほ銀行」が取り扱う金融商品ですが、広告やテレビコマーシャルは少ないので知名度的にはそこまで高くありません。

 

銀行系カードローンとなりますので、総量規制の対象外であり、また金利や利用限度は消費者金融系と比べて優秀です。

 

配偶者に安定収入があれば、専業主婦でもお金を借りることが出来ます。

 

金利は14.0% と低く設定されており、利用限度額は最大でなんと1000万円までと業界屈指の数字を誇っています。
この金利14.0%というのは、一般的な大手消費者金融はもちろんのこと、銀行系カードローンの中でもかなり低い方となります。

 

またみずほ銀行というブランドがあることから、安心感が違います。

 

みずほ銀行のATMはもちろん、提携ATMも日本全国に多数あるため利便性が非常に高いのも特徴です。

 

東京三菱UFJ銀行 バンクイック

三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は、金融機関としては非常に稀なスピード審査、そしてスピード融資を大きな特徴として挙げています。

 

また、三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくても申込みをすることが出来ます。

 

バンクイックの申込み方法として、インターネットや電話、郵送、さらに三菱東京UFJ銀行の店舗に設置しているテレビ窓口からも簡単に申込みができ、審査に必要な時間は最短で30分程度となります。

 

キャッシングをするのに必要となるバンクイックカードは、自宅へ郵送してもらうのが一般的ですが、すぐにでもお金が必要な場合にはテレビ窓口でも受け取ることが出来ます。

 

貴方の生活拠点にもきっと三菱東京UFJ銀行のテレビ窓口が設置されているかと思うので、まずは公式サイトで設置場所を確認しておくと良いでしょう。

 

ちなみにテレビ窓口は、土日祝日でも営業していますので、仕事が休みの日に急な出費が発生した場合に大変便利です。


おまとめローンについて

どこかで借入をする場合、どの金融業者でも上限があり、ある程度大きな金額になると、複数の金融業者から借金をすることになってしまいます。そうすると、どこにいくら借りているとか、返済日はいつでいくら返済すればいいのかなど、混乱してくることもあり、返済をつい忘れてしまうことも少なくありません。

 

それならば、いっそ借入先を一本化できたらどうでしょうか。複数の業者から借り入れている借金をひとつにまとめる「おまとめローン」という仕組みがあります。これを利用することで、借金の残高や返済日、返済額などがわかりやすく、管理も楽になるのです。

 

こうしたおまとめローンのメリットとしては、前述のように管理が楽になるだけではなく、これまでより金利が安くなるそうです。

 

借金やローンは額が大きくなるほど金利が低くなる傾向がありますが、これにもそれが当てはまると考えていいでしょう。ただ、場合によっては保証人が求められることもありますので、事前に調べておく必要があります。
一方で、おまとめローンにもデメリットがあります。ひとつは、一般的なキャッシングに比べて審査が厳しくなるという点です。安い金利で大きな金額となるわけですから、当然のことといえますね。

 

基本的には、ある程度の収入が安定してあることが絶対条件ですし、勤務にしてもある程度の期間、安定して勤務していることなどが求められるようです。
もし、条件がクリアできるのであれば、こうしたおまとめローンはメリットが大きく、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。


リボルビング払いとは

最近は、キャッシングでもリボルビング払いという言葉が一般的に使われるようになったことに気づいた人も多いでしょう。
返済方法の一種で、分割払いとは区別されるそうですが、現在のキャッシングのほとんどがこのリボルビング払いで計算されているそうです。

 

リボルビング払いといえば、クレジットカードで使われる用語のように思っている人もいるかもしれませんが、キャッシングもリボルビング払いであることを知っておきましょう。
毎月の返済額が一定額となるリボルビング払いには、いくつか種類があります。それぞれの違いについて、ある程度は理解しておいた方がいいでしょう。

 

まず、元金定額リボルビングというものがあります。これは、毎月の返済において元金に金利も加えた分を返済するというものです。これだと完済までの期間が短くなります。
次に元利均等残高スライドリボルビングですが、初回の利用時から完済するまでの期間、元金と金利を合わせて一定額とする方法です。

 

元金定率リボルビングは、借入の残高に応じて返済額が変わる仕組みで、一定額の返済額に、1か月分の金利を加えた計算で返済することになります。

 

元利定額リボルビングは、毎月決められた一定額の返済金を完済まで払うもので、返済額が1万円と決められれば、完済まで毎月1万円を払う仕組みです。
残高スライド元利定額リボルビングは、借入の残高に応じて返済額が変わるものですが、残高が減ってくると、返済額も少なくなるというものです。この場合、毎月の返済は楽になりますが、完済までの期間が長くなってしまうので、注意が必要です。


キャッシングの限度額を増額と金利の関係

始めてキャッシングをする場合などは、必ず限度額が決められます。これは、それぞれの信用度や収入額などによって違ってきます。

 

また、新たな法律改正で、借入の総額が年収の3分の1以下に制限されています。
人によっては10万円だったり、50万円だったりとさまざまですが、この限度額というのは、その後の状況次第で増額することが可能です。

 

たとえば、最初にキャッシングをした際の限度額が50万円だった場合、もし年収が300万円であれば、法律上の上限額は100万円ですから、他でキャッシングをしていない場合は、限度額が100万円まで増える可能性があるわけです。

 

この場合、一気に増えるわけではなく、50万円が60万円に増え、60万円が70万円に増えるというように、順次増額できるような仕組みとなっています。
この限度額の増額は、金融業者から案内される場合もあれば、自分で増額を申し込むこともできます。

 

前述のように年収が300万円の人であれば、増額で100万円までは限度額が増額できるわけですが、すべての人ができるというわけではありません。

 

たとえば、滞納などが発生するような状況では、信頼度が落ちるわけですから、増額できない場合もあります。勤め先を変更した場合なども、増額できない条件に入る場合があります。こうした基準は金融業者によって異なりますが、まずは滞納をしないということが第一条件だと思っていいでしょう。

 

滞納などがない場合は、増額できる可能性が高いので、増額を希望する場合は、迷わず金融業者に問い合わせてみるといいでしょう。
もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>即日 キャッシング

金利を少なく返済するには

キャッシングというのは借金ですから、当然ながら金利が付きます。それは誰でも知っていることですが、その金利についてあまり考えてない人も少なくないようです。

 

毎月の返済額の合計だけを意識し、元金の金利の割合などを深く考えないということなのでしょうが、金利というのは意識すると、思った以上の負担であることに気づかされます。
できれば少しでも金利分を節約して元金をより多く返済したいものです。そこで、金利の負担を少なくするための方法を紹介しましょう。

 

まずは、増額返済を心がけることです。余裕があるのに決められた返済額しか払わない人も多いでしょうが、少しでも増額して返済すれば、それだけ早く完済することもできますし、支払総額も少なくすることができます。元金を減らせばそれだけ金利も少なくなっていくのですからね。

 

金利の金利そのものを低くしてもらう方法もあります。貸す側としても、信頼できる人には金利を下げて利用してもらおうとするもので、収入が増えたりしたときなどは、問い合わせてみるといいでしょう。金利引き下げに応じてもらえる場合があります。

 

他にも金利を下げる方法はあります。金利というのは金利制限法で上限が定められており、多くの金融業者が上限ぎりぎりで金利を設定していますが、この上限というのは、10万円以下だと20%ですが、100万円までなら18%、100万円を超えれば15%となっています。

 

そのため、実際の借金の額ではなく、利用可能な上限額の設定を上げることで、金利が低くなる場合があります。


金利が安いと感じるのはどれくらい?

キャッシングにしろローンにしろ、金融機関や業者から借金をする場合には、金利を支払う必要があります。この金利はキャッシングをする場合に、無視できない重要な要素となります。
できるだけ安い金利で借りたいと思うものですが、キャッシングの場合の金利とはいったいどれくらいなのでしょうか。

 

金利というのは金利制限法で定められており、キャッシングでよく利用される金額を考えると、10万円以上100万円以下の場合は上限が18%となっています。
そのため、ほとんどのキャッシング業者ではだいたい18%か、それよりわずかに安い金利を設定しています。

 

ただ、昔は、この金利制限法を超える金利を設定しているところが多かったのです。なぜなら、罰則のない金利制限法とは別に罰則のある出資法による上限金利だとさらに高く設定できたためです。
そうした時代から考えると、現在の18%という金利は、キャッシングとしては安いと感じられるかもしれません。

 

100万円を超える場合の金利制限法による上限金利は15%となっていますから、もし15%という金利であれば、かなり安い金利と言えるでしょう。ただ、低金利をうたっておきならがら後で高金利となる悪徳業者もいますので、注意が必要です。

 

いずれにしても、毎月の支払いが同じ額であれば、金利は低ければ安いほど完済までの期間が短くなり、返済総額も少なく、いいことずくめというわけです。たとえ1%の違いでも、長期にわたって返済する場合は、大変な差になってくるのです。

キャッシングについての基礎知識

キャッシングとは

キャッシングとは銀行や消費者金融が個人に対してお金を融資することです。
キャッシングをすることで、急な出費の時などにお金を借りることができます。

 

キャッシングのメリット

多くのキャッシングでは保証人などが必要無くお金を借りることができます。
キャッシングは、アルバイトをしている方でも審査を通れば利用することができます。

 

またカードキャッシングを使用すれば24時間いつでもATMで融資を受けることができて嬉しいですね。
また最近では携帯電話で申し込むだけですぐに融資してくれる「ネットキャッシング」なども普及してきています。
さらに借りたお金を早期にへんさいすることで利息を少なくすることも可能です。

 

キャッシングのデメリット

キャッシングは便利な反面、気をつけてキャッシングを行わないとお金を借りすぎ、後から返済に困ってしまう方も多いですから、注意して借りなければなりません。
キャッシングによって自己破産してしまった方なども少なからずいるのです。
また通常のローンなどに比べて金利が高いのもデメリットとして挙げることができます。

 

いくらまで借りることができる?

キャッシングでは最高で年収の3分の1金額まで借りることができます。
ですが、カード会社などではそれなりの審査がありますから、利用限度額が年収の3分の1よりも少ない金額になることが多いです。

 

主婦でも借りられる?

専業主婦の方でも、夫の同意書や収入証明書などがあれば借りることができます。
子供さんへの突然の出費がある場合でも、安心して融資を受けることができます。
借りられる額は、夫と妻の年収を足した額の3分の1までとなっています。

キャッシング業者を選ぶ際のポイント

キャッシング業者を選ぶ際のポイント

キャッシング業者はさまざまありますが、自分に合ったキャッシング業者を選ぶのは一苦労です。
ここでは上手にキャッシング業者を選ぶポイントを見ていきましょう。

 

金利の低いところ

キャッシングをする業者を選ぶ際は金利の低いところを選ぶのが良いとされています。
ですが名前があまり知られていない、あまりに条件が良すぎる業者は、悪質な業者である場合も考えられるので、他の業者と比較して、ある程度の範囲内で金利の低いところを選びましょう。

 

返済がしやすい

24時間につでも返済が行えるというのも、キャッシング業者を選ぶ際のポイントでしょう。
コンビニエンスストアなどで返済が可能だと便利ですよね。

 

スタッフの対応が良いところを

キャッシングをする業者を選ぶ際は、その業者のスタッフの対応が丁寧に行われているか、というところもポイントになります。
妙に曖昧な説明をしたり、質問にきちんと答えてくれない業者などは、悪質な業者である可能性もあります。
しっかりとスタッフの対応に注目しましょう。

 

正式な会社であるかどうか

都道府県知事や財務局長に登録されている業者を選びましょう。
登録番号を持たない業者からお金を借りてしまうと、犯罪などのトラブルに巻き込まれてしまう恐れもあるので要注意です。

 

また登録番号が本当かどうかも確かめると、なお良いです。
大手の銀行系列のキャッシング業者などもおすすめできます。

 

自分にあった業者を

いくら有名で評判がいいキャッシング業者でも、自分にぴったりの業者とは限りません。
借りたお金を短期間で返済可能な人は、無利息期間があるキャッシング業者を選ぶというのも、賢い方法です。
またすぐにお金が必要な方には、即日振込が可能なキャッシング業者もあります。

キャッシングの限度額

キャッシングの利用限度額は、利用する人によってそれぞれ設定されます。
ここではキャシング利用限度額を決定する要素について見ていきましょう。

 

最大限度額

キャッシングができる最大利用限度額は、借入を行う方の年収の3分の1までと定められています。
ですので複数の会社から融資を受ける際も、合計借入金額が年収の3分の1を超えるなどと行ったことはありえません。

 

またキャッシングを申し込んだ際の最大利用限度額は、いくら収入が多くても50万円ほどに設定されているようです。
ちなみに自動車ローンや住宅ローンなどはキャッシングの利用限度額審査の対象からは除外され、自動車ローンなどがあっても年収300万円の方は最大限度額は100万円のままです。

 

公務員などの安定した職業

公務員などの安定した職業は、返済能力も安定していると見なされ、キャッシングを行なっている金融機関にも高く評価される傾向にあります。
ですので同じ年収だとしても、一般的なサラリーマンよりも公務員の人の方が限度額が高い傾向にあるのです。

 

限度額を引き上げる

キャッシングの利用限度額を引き上げるには、まずは信用度をアップさせることが必要で、条件によってはキャッシングの利用限度額を引き上げることもできます。
月々ちゃんと支払いが遅れること無く返済が続いている方は、限度額を引き上げることができることもあります。

 

しかし一度でも返済が遅れてしまった方は限度額を引き上げることはさらに難しくなります。
また昇進などで給料が上がった場合も限度額を引き上げることができる可能性があります。